全国の新聞社と共同通信社が提供 行財政専門情報サービス

  • 豊富な情報
  • 自治体の先進事例も満載
  • シティプロモーション
  • PC、スマホタブレットで
  • LGWAN対応

ニュースヘッドライン

「ホテルシップ」規制緩和へ 厚労省「窓なし客室も営業可」 横浜・川崎、誘致に弾みか

 2020年東京五輪・パラリンピック期間中にクルーズ客船をホテルとして活用する「ホテルシップ」を巡り、厚生労働省は17日までに、窓のない客室でも条件付きで営業が可能との判断を示した。ホテルシップが可能となり、誘致を進めている横浜港や川崎港などは実現に向けて弾みとなりそうだ。 現行の旅館業法では、衛生上の観点からホテルとして運営する客室には窓の設置が必要となっている。大会時の宿泊需要に対応するためにはホテルシップが不可欠だが、客船は構造上、窓がない客室が全体の3、4割に及ぶ。そのため、窓がない客室の活用が課題となっていた。 厚労省は16日、窓のない客室を含めて宿泊サービスの営業許可申請があれば、地方自治体の判断で許

シリア内戦激化で世界遺産破壊 文化財修復へ学者ら山梨研修 

 内戦で破壊された遺跡を日本の技術支援で修復へ-。シリアの考古学者らが笛吹市の帝京大文化財研究所で文化財の保存修復に関わる研修を受けている。内戦が続くシリアでは世界文化遺産など貴重な遺跡や文化財の破壊や盗難が相次ぎ、危機にひんしている。考古学者らは約1カ月間、山梨を拠点に研修。内戦が終結した時には、日本で学んだ技術を使い、歴史の“復元”に力を尽くす考えだ。 研修初日の16日、笛吹市の帝京大文化財研究所で行われた開講式で、藤沢明講師の話を真剣な表情で聞くシリアの考古学者や文化財の保存修復専門家3人の姿があった。 3人はいずれもシリア文化省の文化財保存修復専門家のアビール・コルダブさん(41)とディアラ・バラカットさ

「面白い合宿」企画求む! 全国の高校生対象、秋田美大

 秋田市の秋田公立美術大学とNPO法人アーツセンターあきたは、全国の高校生を対象に、県内のさまざまな資源を活用したユニークな県内合宿プランを募集している。プランが採用されたグループに最大50万円を贈る。高校生に本県の魅力を掘り起こしてもらい、会員制交流サイト(SNS)などを通じて情報発信してもらう狙い。応募締め切りは31日。 「U18クリエイティブキャンプ2018」と銘打った取り組みで、部活動や研究会、サークルなど活動実績がある全国の高校生グループが対象。全国で最も件数が多い重要無形民俗文化財の研究や、集落での創作活動、貴重な地形や地質を持つ自然公園「ジオパーク」の魅力発掘などを想定している。 書類審査は、国際的

広島県、奨学金返済援助に補助 事業所向け、若者の負担緩和

 若者が奨学金を返済する負担を和らげようと、広島県は県内の中小企業や個人事業主、NPO法人を対象に独自の補助金を創設した。採用後3年以内の正社員が奨学金を返すのを援助する制度を設けた場合、1人につき年10万円を上限に最長3年間、支援する。中国地方5県では初の取り組みで、企業の人手不足の解消につなげる狙いもある。 県が進める「働き方改革」の取り組みに応じて2種類の補助メニューを用意した。県商工会議所連合会(広島市中区)と県商工会連合会(同)が認定した「働き方改革実践企業」には、若手正社員に援助する金額の2分の1を補助し、年10万円を上限とする。認定を受けていない場合でも、残業時間の削減や有給休暇の取得促進など働き方

大雪対応、時系列で共有 国道8号まひ受け 国や福井県対策会議

 今年2月の福井県内の記録的大雪により国道8号で約1500台が立ち往生した問題を受けた国や県などの対策会議は17日、道路交通確保に向けた取り組み案をまとめた。道路管理者など関係機関が、集中的な大雪を想定して事前に取るべき対応を時系列で整理する「タイムライン(段階的な行動計画)」を策定。タイムラインに沿った合同訓練を毎年11月ごろに行い、実効性を検証する。 対策会議は、国土交通省と福井県、石川県、中日本高速道路、両県の県警や一部市町、福井地方気象台で構成。第2回会合を同日、福井市の同省福井河川国道事務所で開き、同省が示した取り組み案を検討、確認した。 国道8号の立ち往生は、並行する北陸自動車道の通行止めが一因に挙げ

47行政ジャーナルのお申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。