全国の新聞社と共同通信社が提供 行財政専門情報サービス

  • 豊富な情報
  • 自治体の先進事例も満載
  • シティプロモーション
  • PC、スマホタブレットで
  • LGWAN対応

ニュースヘッドライン

「観光また振り出しに」 中韓からの入国制限 長崎県関係者ため息

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、中国、韓国からの入国が制限されることになった。「いつまで続くのか」-。両国からの訪日客減少や国内客のキャンセルにあえぐ長崎県の観光関係者らからは5日、ため息が漏れた。  国境の島・対馬市。2018年に過去最多の約41万人の韓国人観光客が訪れたが、日韓関係悪化で昨年は約26万人に激減した。こうした中での政府の追加措置に、対馬観光物産協会会長の江口栄さん(65)は「年明け後は韓国人観光客も再び増え始めていたが、これでまた振り出しに戻った」とため息。国内客についても「感染拡大を受けてキャンセルが相次いでいる。しばらくは辛抱の時だ」と肩を落とした。  上対馬町でゲストハウスを経

坂のまち…斜面の救助訓練施設 呉市消防局新庁舎

 呉市西中央に、市消防局と西消防署が入る新庁舎が完成した。延べ約3900平方メートルの鉄筋4階建て。斜面での救助訓練ができる施設もある。7日の午前8時半から新庁舎での業務を開始する。豪雨などの災害発生時には指揮本部の設置も想定。音声通話に不安がある人のための通報システムなども新たに整備し、4月から運用を始める見込み。  コンクリートを基調とした外観で、室内は南側がガラス張りで明るい。同市は2018年夏の西日本豪雨で大きな被害が出た。新庁舎は、自家発電装置を屋上に備えるなど浸水対策を強化した。市消防局が入る4階は、廊下を挟んで通信指令室と事務室を配置し、連携しやすくした。  三つある階段のうち、庁舎中央の緊急出

天然色市場管理者候補決まらず 香南市議会

 高知県の香南市議会は4、5日、6人が一般質問。清藤真司市長ら執行部の答弁要旨は次の通り。 指定管理者を募集していた直販所「天然色市場」(吉川町)に、市内外の3事業者から応募があった。事業計画や収支計画などを総合的に審査した結果、候補者選定には至らなかった。再度公募を行いたいと考えている。 市内の企業に新卒採用されるか、起業した市在住の人を対象に、日本学生支援機構などの奨学金返還を一部助成する未来人材育成奨学金返還助成事業は2016年度の開始後、利用者がいない。これまで以上に周知していく。本市への移住者支援にもつながるので、20年度から対象を40歳未満で中途採用された人まで拡大する。 本市では災害時に自力避難が困

新型肺炎 長期化なら観光消費2千億円減 宿泊や買い物 道推計

 道は5日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が6月まで続けば、宿泊や飲食、買い物など道内の観光消費額が2千億円以上落ち込む可能性があるとする推計値をまとめた。2018年度の道内の観光消費額約1兆6千億円(推計)の約12%に当たる。道は減少幅はさらに膨らむ恐れもあるとみて追加対策の検討を急ぐ方針だ。 影響額は、前年同期比20%減となった今年1、2月の宿泊実績に加え、3~6月の宿泊予約数が同45%減になると仮定して推計した。それによると、延べ600万泊分の宿泊が失われ、飲食、買い物なども含めた道内の観光消費額は少なくとも2千億円減少すると見込んだ。 道の調べでは、洞爺湖や知床などの主要観光地では宿泊者数が前年同期比

長崎県と市町連携し原爆展 節目迎え開催検討

 定例長崎県議会は5日、一般質問を続行し、4人が登壇した。今年は広島・長崎に原子爆弾が投下され75年の節目を迎えることから、県は各市町と連携して核兵器の悲惨さを訴える原爆展を開催する見通しを明らかにした。 坂本浩議員(改革21)の質問に浦真樹文化観光国際部政策監が答えた。 県によると、原爆展は被爆の実相を伝える写真パネル展を想定。県庁のほか、各市町に呼び掛けて県内各地で展示する予定という。平和を訴えるミニコンサートの実施も検討している。4月から米ニューヨークで開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議では会議参加者に対し、昨年11月に来崎したローマ教皇フランシスコのメッセージを長崎市などと連携して発信する考えも示

47行政ジャーナルのお申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。