全国の新聞社と共同通信社が提供 行財政専門情報サービス

  • 豊富な情報
  • 自治体の先進事例も満載
  • シティプロモーション
  • PC、スマホタブレットで
  • LGWAN対応

ニュースヘッドライン

明石市長投稿は「秘密漏えい」 百条委報告、市会本会議で可決

 兵庫県明石市の泉房穂市長が川崎重工業への課税額をツイッターに無断で投稿した問題を巡り、市議会は30日の本会議で、調査特別委員会(百条委員会)が、地方税法で禁じる「秘密の漏えいに当たる疑いが強い」とした調査報告書について採決、賛成多数で可決した。 泉市長は2月、法人市民税課税額が載った書面の画像を投稿し、10日ほど後に削除した。地方税法は税を徴収する事務従事者の守秘義務を定めている。 本会議では、議員3人による質疑、討論の後、百条委の報告書が原案通り可決された。 百条委は、市議会の複数会派の提案によって4月に設置された。証人尋問で泉市長は、投稿が違法でない理由に「目的の公益性」などを挙げ、同社との面談内容を伝える

節電期間、全国きょう開始

 全国の家庭や企業を対象とした節電期間が1日、始まった。記録的な猛暑や、火力発電所の老朽化などで、今夏は綱渡りの電力需給が続くとみられ、政府は6月に協力を要請していた。数値目標は設定せず、生活や経済活動に支障のない範囲での協力を呼びかけている。期間は9月末まで。全国規模での要請は、2015年以来、約7年ぶりとなる。 高気圧に覆われた日本列島は30日、最高気温が35度以上の猛暑日となる地点が相次いだ。暑さは7月1日も続く見込みだ。熱中症予防のため、政府は、エアコンを適切に使いながら、不要な照明を消すことや、冷蔵庫の設定を変更し冷やし過ぎを避けることを奨励。太陽光の発電量が低下する午後5~8時ごろは特に節電を促す。 

マイナポイント第2弾開始

 マイナンバーカードの普及策「マイナポイント第2弾」が30日、全面的に始まった。カードを取得して「マイナ保険証」や公的給付金の受け取り口座の登録を済ませれば、買い物などで使える最大2万円分のポイントが付与される。9月末までにカードを申し込み、来年2月末までにポイントを申請する必要がある。 26日時点でカード取得率は45%。カードに保険証機能を加えるマイナ保険証の登録は950万件(カード取得者の17%)、口座登録は198万件(同3%)。ポイント付与は、これらの水準を引き上げる狙いがある。 ポイントはスマートフォンの「マイナポイントアプリ」などから申請。クレジットカードや電子マネーなど、30日時点で約80種類ある決済

市長投稿「秘密漏えい」

 兵庫県明石市の泉房穂市長がツイッターに企業の課税データを無許可で投稿した問題を巡り、市議会は30日の本会議で、調査特別委員会(百条委員会)が地方税法で禁じる「秘密の漏えいに当たる疑いが強い」とした調査報告書を賛成多数で可決した。 泉市長は2月、自身のツイッターに川崎重工業の法人市民税の課税額(2014~21年度分)が記載された書類の写真を投稿。法人税割が5年連続で「0」になっている部分を色付けし「ゼロってなんだかなぁ」などとコメントした。投稿は約10日後に削除された。 税の徴収の従事者に守秘義務を課す地方税法に抵触するとして、市議会の複数会派の提案で4月に百条委が設置された。 証人喚問で泉市長は「市民の知る権利

吉川赳議員に286万円

 18歳の女子学生に飲酒させたと週刊誌に報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員=比例東海=に30日、夏のボーナスに当たる期末手当286万1358円が支給された。事実関係の説明と議員辞職を求める声が与野党から上がっているが、吉川氏は応じていない。 磯崎仁彦官房副長官は記者会見で、吉川氏に議員辞職を促す考えがないか問われ「個別の国会議員の進退について政府としてコメントする立場にない。政治家は疑惑を持たれるようなことがあったら自ら説明すべきだ」と述べるにとどめた。 吉川氏は週刊誌報道を受け、10日に自民党を離党。所属していた岸田派も退会した。岸田文雄首相は参院選公示を前にした21日の討論会で「説明責任を果たせないなら

47行政ジャーナルのお申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。