全国の新聞社と共同通信社が提供 行財政専門情報サービス

  • 豊富な情報
  • 自治体の先進事例も満載
  • シティプロモーション
  • PC、スマホタブレットで
  • LGWAN対応

すべての記事

「死を無駄にしたくない」 母親、真相解明を訴え

 和歌山市の不正支出を公益通報した男性職員が自殺した問題で、男性の母親が1日、同市で記者会見し「息子の死を無駄にしたくない」と述べ、第三者委員会を設け、真相を解明するよう市に訴えた。 男性が公益通報した後に処分された上司1人がその後、男性と同じフロアの部署に配属されており、母親は「市役所の報復人事だと考えている」と涙をにじませながら話した。人事の配慮が欠けていたとして、公務災害の認定を求めた。 当時20代の男性は2018年5月、不正支出があった部署に異動。書類を捏造するよう求められ、心身に不調が生じたため休職した。同8月に公益通報した。別の部署に配属され復職したが、20年6月、自宅納屋で命を絶った。 母親は20年

アイフォーンで行政手続き

 岸田文雄首相と米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が30日午前、オンラインで会談し、来春からスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」にマイナンバーカード機能を搭載すると確認した。マイナカードを持ち歩かなくても、アイフォーンを使って住民票写しの発行や子育て支援の申請といった行政手続きができるようになる。 林芳正官房長官が30日午前の記者会見で明らかにし「スマホ一つでカードをかざす必要なく、生体認証で安全に利便性を享受いただける」と語った。 スマホへのマイナカード機能搭載を巡っては、米グーグルが昨年5月、基本ソフト(OS)「アンドロイド」を採用した端末で先行して導入。アップルの対応が注目されてい

ロケ地高知で舞台あいさつ

 2004年にテレビ放送された特撮ドラマ「特捜戦隊デカレンジャー」の20周年記念映画が来月公開されるのを前に、ロケ地の一つである高知市内の映画館で29日、出演者らが先行上映で舞台あいさつし、映画をPRした。デカレンジャーの一員で映画にも出演している同市職員吉田友一さん(41)の奮闘で高知でのロケが実現した。 映画は「特捜戦隊デカレンジャー20th ファイヤーボール・ブースター」。地域おこし協力隊員として高知市役所に勤務する吉田さんは、悪と戦うデカレンジャーの一人「デカブレイク」を演じている。今回、地域活性化の足掛かりにしようと、自ら企画、交渉し、記念映画の公開にこぎ着けた。 吉田さんは映画館に集まった約300人の

職員の働き方にゆとり みよし市役所開庁時間短縮

 愛知県みよし市は今月7日から、市役所窓口の受付時間を変更した。従来の午前8時半~午後5時15分から、午前9時~午後5時に短縮。全国でも開庁時間を変更する自治体は一部にとどまるが、みよし市が踏み切った狙いと背景は何なのか、探った。 開庁時間変更のお知らせ-。2日朝、みよし市三好町の市役所本庁舎正面に、こんな告知が掲示されていた。相続の関係で手続きをしていた会社員山口大さん(33)は「周辺の市役所は午前8時半から開くのに、なぜここだけ…」と首をかしげる。 三河地方のみよし市を除く17市町村の役所の開庁時間は、いずれも午前8時半~午後5時15分。全国でも、午前8時半より開庁が遅い自治体は名古屋市や福岡市など少数にとど

特撮俳優が公務員に変身!

 2004年にテレビ放送された特撮ドラマ「特捜戦隊デカレンジャー」に俳優として出演し、宇宙警察の一員として悪と闘っていた男性が、高知市職員として地域おこしに取り組んでいる。「高知を盛り上げたい」。真っ白なコスチュームから一転、スーツにネクタイ姿の公務員に変身し、このたび「デカレンジャー」映画の製作と地元ロケの誘致にこぎ着けた。映画は6月に公開される。 地域おこし協力隊の隊員として市役所に勤務する吉田友一さん(41)は、埼玉県出身。雑誌モデルを経て俳優に転身し、大学3年の時に「デカブレイク」役をつかんだ。しかし顔面神経まひを患ったことをきっかけに鍼灸の道へ。21年に鍼灸師の師匠が開業している高知市に居を移し、平日は

47行政ジャーナルのお申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。