全国の新聞社と共同通信社が提供 行財政専門情報サービス

  • 豊富な情報
  • 自治体の先進事例も満載
  • シティプロモーション
  • PC、スマホタブレットで
  • LGWAN対応

ニュースヘッドライン

「安倍首相は猛省を」 与党系も賛成、神奈川県大磯町議会が決議

 安倍晋三首相に猛省を求める-。森友学園問題を巡り、大磯町議会(神奈川県)は3日の本会議で、こんな決議案が賛成多数で可決された。自民党系や公明党の“与党議員”も賛成し、歴代首相が別邸を構えた地の議会が現役首相に手厳しい意見を突き付けた格好だ。首相を名指しで批判する決議は、全国でも例がないという。 町議会が賛成12、反対1で可決したのは、「内閣総理大臣 安倍晋三衆議院議員に猛省を求める決議」。学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざんで大阪地検特捜部が財務省幹部を不起訴としたことに対し、「安倍首相への忖度(そんたく)に感じられるのは私たちだけでない」と批判。「政府を監視し、不正や疑惑を解明する任務を負っている」とし、

ネットで全国に無料配信「マイ広報紙」サービス 鳥取県内自治体で導入加速

 毎月発行の広報紙を掲載記事ごとに分類し、インターネットで全国に無料配信するサービス導入が、県内の自治体で加速している。「マイ広報紙」と呼ばれるサービスで、ユーザー登録したパソコンやスマートフォンで定住や祭りなど特定のキーワードを検索すると、自分の住んでいる自治体以外の関連記事もまとめて閲覧できる。若者定住に知恵を絞る導入市町村は、地域に関わりを持つ関係人口の拡大に生かす考えだ。 「定住移住促進の呼び水にしたい」。最新の9月号からマイ広報紙利用を始めた江府町で、広報担当者の梅林徹主任(34)が意気込む。 毎月第2金曜日に発行し、町内の全世帯や学校、事業所、道の駅に配る広報紙は1350部。県内19市町村で最も少ない

<原発マネー>副市長「絶対に許せない」 常務執行役員が株主の神戸市訪れ謝罪も 関電受領問題

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受領していた問題で、同社の松村孝夫常務執行役員らが3日、神戸市役所を訪れ、寺崎秀俊副市長に「信頼を裏切るようなことになり、誠に申し訳ない」と謝罪した。冒頭のみ公開された面会で、寺崎副市長は「株主としても、自治体としても非常に遺憾。しっかりと全容解明し、説明してほしい」と強く求めた。 神戸市は関電株の3・06%を保有し、自治体では大阪市に次ぐ2番目の主要株主。神戸市の求めで面会が実現したという。 同市によると、関電側からは2日公表の調査報告書に沿った説明があった。全容解明や情報公開の徹底を求めた同市に、関電側は「第三者委員会を立ち上げ、全容を解明していく」などと応じ

野良猫増やさない!高知県立美術館周辺37匹を不妊去勢手術

「どうぶつ基金」と活動家協力 高知市高須の高知県立美術館は9月29日から10月2日まで、敷地周辺の野良猫繁殖を防ぐため、保護猫活動家らの協力を得て37匹の不妊去勢手術を行った。「TNR(ティーエヌアール)」と呼ばれる手法で、県内の公的施設が実施するのは初めて。 高知県立美術館周辺の草むらは捨て猫が多く、猫に餌をやる人も多数いることから、隣接の高知県高須浄化センター内も含めると100匹以上いるとみられる。以前から苦情があり、高知県立美術館の耐震化工事による休館中(4~12月)を利用して実施した。 職員は捕獲のノウハウがないため、3年前から周辺のTNR活動を個人的にしている香南市の保護猫団体「高知にゃんわんの家」、松

仙台市議選の低投票率、報道のせい?選管が市議会で答弁

 8月25日に投開票された仙台市議選で、投票率が過去2番目に低い36.07%にとどまった理由に関し、市選管は3日の市議会総務財政委員会で「(7月の)参院選に比べ、テレビや新聞などで候補者の情報が少なく(有権者の)関心が高まらなかった」と説明した。 市選管が実施した選挙啓発活動の効果など、自らの投票率向上策への評価は言及がなく、低投票率の責任をメディアに転嫁したと受け取れる発言。質問した議員は「あまりにも当事者意識を欠いた答弁で驚いた。これではいつまでも低投票率のままだ」とあきれた。 市選管選挙管理課の吉城宗隆課長は委員会で「投票率が伸びなかった理由はさまざまあるが、参院選は争点や対立軸が明確なのに対し、市議選は争

47行政ジャーナルのお申し込みなど
お気軽にお問い合わせください。